主日礼拝の紹介


高の原教会の主日礼拝の様子

主日礼拝(日曜礼拝)のプログラムと内容(通常の場合)


主日礼拝は毎日曜日10時30分より開始されます。
点  鐘 教会の鐘が鳴らされ、礼拝の開始を告げます。
前  奏 オルガンがメロディを奏でます。心を静かに礼拝へ備えください。
礼拝招詞 礼拝は、神様の招きがあって始めて成立します。招きのことばに耳を傾けて下さい。
頌  栄 神様をたたえる賛美です。共にお歌い下さい。
賛美歌集の中にあります。賛美歌集は教会でも用意しています。
開会祈祷 礼拝への祈りです。司式者が祈ります。
主の祈り 主イエス・キリストが私たちに与えて下さった大切な祈りです。声を合わせお祈り下さい。
週報の最初のページの左下に記されています。
交  読 聖書の言葉を司式者と交互に読み交わすものです。賛美歌の中程、第一賛美歌の後に「交読文」があり、番号がつけられています。
賛 美 歌 共にお歌い下さい。
賛美歌集は教会でも用意しています。 歌の番号は週報にも記されています。
聖書朗読 今日の説教に用いられる聖書の文章を、当番の人が朗読いたします。
私たちの教会では、「新共同訳聖書」を用いています。 週報にページ数が記されていますので、説教の時にお読み下さい。
黙  想 奏楽が演奏される間、静かに黙想して下さい。
牧会祈祷 司式者が祈ります。感謝と悔い改めとともに、教会とその働きのため、また世界の国と人々、悩み苦しめる魂を覚えてとりなしの祈りを捧げます。
ご自身でも願い事や訴えなど、心の中にお祈り下さい。
説  教 聖書のみ言葉の「説き明かし」とも呼ばれ、主イエス・キリストの福音(よきおとずれ)を伝えるメッセージです。
説教から一週間の心の糧を得て下さい。
献  金 与えられた恵みを感謝し、み言葉に対する応答、献身のしるしを金銭に託して捧げます。
まだよく理解されていない方やご用意のない方はかごを隣にパスして下さって構いません。
賛  栄 頌栄と同じく礼拝の最後に神をたたえて終わります。
祝  祷 神さまからの祝福を受けて、再び日常の生活に戻っていきます。

時々あるプログラム

聖 餐 式 月に一度、聖餐式がございます。当番の方がパンと葡萄酒を配ります。一応、教会員の儀式ということになっています。

礼拝後:コーヒーアワー 月に二度、礼拝後にお茶を囲んで交流の時間を持ちます。どうぞ少し残っていただいて歓談の時間をお過ごしください。

信仰生活の紹介へ戻る  表紙へ戻る